男の子と遊び

【3歳~】くもん『わごむパターンボード』は、コスパ最強の知育玩具!

カピバラ
カピバラ
2歳10か月の時に買った、くもんの輪ゴムパターンボードが、今大活躍しています!

新型コロナの影響で、STAYHOME週間に入った今、1日置きくらいに出して遊んでいます。

おうちで子どもと何して遊ぼう?と考えている方に、超絶おススメしたい、知育玩具。くもんのわごむパターンボードをご紹介します!

くもん『わごむパターンボード』って?

くもんの「わごむパターンボード」は、ピンのついたボードに、カラフルな輪ゴムをひっかけて、形や模様を作っていく玩具です

シンプルだけど、「日本おもちゃ大賞2013」でグッドトイ賞、エデュケーショナル・トイ部門でも大賞を受賞した、スゴイおもちゃなんです!

くもん『わごむパターンボード』のセット内容

  • ボード2種(19ピン・81ピン)
  • パターン60枚(19ピン用30枚・81ピン用30枚)
  • 輪ゴム6色、9種類
  • ガイドブック

くもん『わごむパターンボード』の遊び方

  1. パターンをボードに差し込む
  2. パターンをなぞるように、輪ゴムをひっかけていく
  3. 模様の完成

カピバラ
カピバラ
本当に、シンプルだ!

くもん『わごむパターンボード』のここがすごい!

カピバラ
カピバラ
くもん『わごむパターンボード』が優れている点を、3つ紹介します♡

『わごむパターンボード』のすごい点

  1. ボードが透明になっている
  2. ボードが2種類ある
  3. パターンが豊富

①ボードが透明になっている

似たものに『ジオボード』というものがあります。

ジオボードだと、見本を見てボードにゴムをかけるので、視点の移動が必要になり、小さい子では難しいのです。

2、3歳という低年齢のうちに輪ゴムをかける遊びをさせるなら、『わごむパターンボード』一択です!

ボードが透明だから、パターンの上から輪ゴムをかけるだけ!

小さい子でも、どう遊べばいいかすぐにわかるし、達成感を得やすいです。

②ボードが2種類ある

難易度別に、ボードが2種類あるのが、地味に嬉しいです。

最初は19ピンから遊び始め、慣れてきたら81ピンに挑戦。

パターンをボードに入れず、横に置い同じパターンを作れば、さらに難易度が上がりますし、幅広い年齢で遊べるのが魅力。

ピン先も丸くなっており、安全性にも配慮されていますよ!

③パターンが豊富

2種類のボードに対し、60種類ものパターンがあり、簡単なものから徐々にレベルアップしていけます。

パターンには、作品を作るのに必要な輪ゴムの色、大きさ、数が明記されているのがわかりやすい!

書かれている意味を教えれば、3歳の息子でも理解してくれました。

ガイドブックにも作例が載っていて、飽きさせません。

くもん『わごむパターンボード』は学習障害のトレーニングにも有効

三角や四角、丸の形がわからない、文字が読めないなど、形や空間をイメージするのが苦手な子って、いますよね。

カピバラ
カピバラ
空間認知、私も苦手だ~

学習障害を抱える子の教材として、ジオボードが用いられています。

くもんの『わごむパターンボード』は、ボードが透明だから、作成した図形が正しいか、見本と重ねて確認することが出来ます。

正解していれば達成感を強化させられますし、間違っている箇所を自分で気づかせるために有効です。

カピバラ
カピバラ
他の人から間違いを指摘されるのがイヤな子には、自分で気づくきっかけになるね

くもん『わごむパターンボード』はリーズナブル♪

くもんの『わごむパターンボード』には、知育に嬉しい効果がたくさん!

わごむパターンボードの効果

  • 集中力が磨かれる
  • 指先の巧緻性を高める
  • 図形感覚が身につく
  • 目と指の協調性を育む

これだけの効果があり、お値段は2000円台
とってもリーズナブル♪

コストパフォーマンスが、とってもいい玩具なんです!

カピバラ
カピバラ
最強じゃない!?

くもん『わゴムパターンボード』のデメリット

めちゃくちゃほめちぎっておりますが、唯一、デメリットを挙げるとしたら、輪ゴムを失くしやすいこと。

購入した当初に比べ、輪ゴムが少なくなってしまいました…

輪ゴムを失くしたら?

くもんの公式HPから、お問い合わせページに飛んで購入意志を伝えると、購入することが出来るようです。

輪ゴムの色が多少異なってもいい方は、アマゾンや楽天でカラー輪ゴムの取り扱いがあります。

くもん『わごむパターンボード』3歳のレベル

2歳10か月の頃から遊んで、そろそろ半年。

3歳3か月時点で、19ピン、30パターンをクリアしました。

対象年齢は3歳~となっていますが、指先で輪ゴムを引っ張れる力があれば、2歳半からでも充分遊べると思います。

輪ゴムを誤って口に入れないよう、保護者の方がそばでついていてあげて下さいね

収納はどうしてる?

我が家では、遊びたくなったら自発的に取れるよう、棚に置いています。

その際、輪ゴムを色別に分けておくと、スムーズに遊べます。

カピバラ
カピバラ
この棚は、モンテッソーリの育児法を参考にしました♡

まとめ

いかがでしたか?

指先のトレーニングにもなり、長く使える玩具、くもん『わごむパターンボード』。

おうちでお子さんと一緒に、色々なパターンを作ってみてくださいね♡

関連記事

くもんのおもちゃや知育グッズが好きすぎて、たくさん集まってしまいました。

おススメの知育玩具を記事にしています♪

子ども用の時計も、くもんでした。