男の子と遊び

手先の発達を促す、手作り洗濯バサミおもちゃ

最近、保育園にお迎えに行くと、息子が決まって遊んでいるおもちゃがあります。

洗濯バサミを使って遊べる、手作りのおもちゃです。

カピバラ
カピバラ
身近な材料で、簡単に作れたから、紹介するよ!

洗濯バサミおもちゃで身につくこと

これが、私が作った洗濯バサミおもちゃ。

左から順番に、サカナ、ハリネズミ、クラゲ、ネコ、タコ、蜂、赤ちゃん、ひよこ、イカです。

動物の身体の一部を不完全にし、不足している部分を洗濯バサミで補って完成させる遊びです。

洗濯バサミおもちゃでは、以下の効果があります。

洗濯バサミおもちゃの効果
  • 達成感が得られる
  • 手先の器用さが育まれる
  • 数や、生き物を教える題材になる

カピバラ
カピバラ
くわしく見ていくよ!

達成感を得られる

例えば、クラゲには、足(?)の部分が描かれていません。

ここに洗濯バサミをつけることで、クラゲが完成します。

これは、息子がつけてくれました。

息子に、「これはクラゲだよ~。洗濯バサミで足をつけてあげようね」

と言うと、すぐに理解してくれて、足を4つつけてくれましたよ!

クラゲの次には、ひよこの足に洗濯バサミをつけました。

足りない部分はどこかを自分で考え、補ってあげられた、という達成感を味わえます。

洗濯バサミをつけた後、こんな風に立たせてキャラクター遊びにも発展していました。

手先の器用さが育まれる

洗濯バサミおもちゃは、指先でつまんでつけたり外したりするので、手先の器用さが育まれます。

親指、人差し指、中指の3本指を使って「はさむ」「つまむ」という動作を通して、指の力が鍛えられます。

指の力は、箸やハサミを使うのに必要ですし、のちのち、しっかりした文字が書けるようになるために、鍛えておいた方がいいです。

箸やハサミ、鉛筆といった、日常動作の前段階の練習にもなる。
それが、この洗濯バサミのおもちゃに秘められています。

数や、生き物を教える題材になる

「タコさんの足は全部で8本だから、あと6コ洗濯バサミをつけてみようか」

「イカさんの足は10本あるんだよ」

など、数の概念を教える導入にも良いです。

また、息子は、イカとタコが良く分かっていませんでした。
写真やイラストを見せながら、こういう生き物だよ、と教えてあげる題材にもなりました。

洗濯バサミおもちゃの材料は100均で揃う!

作成した洗濯バサミおもちゃの材料は、すべて100均で購入しました。

購入先はセリアです。

ラミネーターなしで作れる、セルフラミネート。
初めて使いましたが、厚手で扱いが雑な息子でも大丈夫そう!

  1. 画用紙に絵を描く
  2. 描いた絵を切り取る
  3. セルフラミネートにかける
  4. ラミネートしたところを切り取る

という手順になります。所要時間1時間以内でできます。

洗濯バサミおもちゃの注意点

洗濯バサミのおもちゃで遊ぶ際は、以下の点に注意をしてください。

  • 使う洗濯バサミは、子どもがつまみやすいものを選ぶ
  • 子どもが指などをはさまぬよう、注意する

洗濯バサミは、メーカーによって、強度もまちまちです。

指の力がない幼児にも扱いやすいよう、強度の強くないものを与えるようにしましょう。

その点においても、100均という選択は正解でした(笑)

また、好奇心から、指や体に洗濯バサミをはさむことも、考えられます。

大人が指を挟んでも大した痛みではありませんが、子どもの指は小さいので、思わぬ事故につながることも考えられます。

遊ぶときは目を離さず、ケガにつながらないように注意してくださいね。

関連記事

2歳くらいから使える、手先の発達を促すのにおススメのおもちゃ、「くもんのわごむパターンボード」について記事にしています。

【3歳~】くもん『わごむパターンボード』は、コスパ最強の知育玩具! 新型コロナの影響で、STAYHOME週間に入った今、1日置きくらいに出して遊んでいます。 おうちで子どもと何して遊ぼう?と考...