男の子と学び

日本・世界の昔話が揃うおススメシリーズ

悩めるママ

子どもに日本の昔話や世界の名作を読んであげたいけど、おススメってあるかしら?

昔話は、小学校受験するご家庭では必須項目!
受験で、必ず出てくる問題ですよね。

お受験しなくても、日本の昔話や世界の名作には教訓が多いので、ぜひたくさん読んであげたいものです。

ポプラ社から刊行されている『はじめての世界名作えほん』シリーズがおススメなので、ご紹介します♡

ポプラ社『はじめての世界名作えほん』シリーズって?

本屋さんの絵本コーナーに、必ずと言っていいほど置いてある、ミニサイズのアニメ絵本をご存知ではありませんか?

力ピバラ

私が子どもの頃からあったから、読んだことある人も多いはず!

日本の昔話、世界の名作がたくさん収められている、シリーズ絵本です。

2018年3月に大幅リニューアルされました!

『はじめての世界名作えほん』おススメポイント

ポプラ社の『はじめての世界名作えほん』シリーズのおススメポイントを5つご紹介します!

  1. 日本の昔話・世界の名作全80話と大ボリューム!
  2. ストーリーがあまりアレンジされていない
  3. カタカナ・漢字に総ルビ
  4. 1冊350円弱と、手ごろな値段
  5. 親しみやすいアニメ絵で子どもが惹きつけられる
力ピバラ

ひとつひとつ見ていくよ!

①日本の昔話・世界の名作全80話と大ボリューム!

ポプラ社の『はじめての世界名作えほん』シリーズは、全80巻と、その充実ぶりに驚かされます。

シリーズとして、これだけ揃っているのは、なかなかないのではないでしょうか。

ラインナップは、以下の通り。

  1. ももたろう
  2. 三匹のこぶた
  3. にんぎょひめ
  4. おむすびころりん
  5. あかずきん
  6. おおきなかぶ
  7. かちかち山
  8. ありときりぎりす
  9. 花さかじいさん
  10. ジャックとまめのつる
  11. うらしまたろう
  12. おおかみと七ひきのこやぎ
  13. シンデレラ
  14. つるのおんがえし
  15. かさじぞう
  16. 金のがちょう
  17. 十二支のはじまり
  18. ちからたろう
  19. しあわせなおうじ
  20. ラプンツェル
  21. きんたろう
  22. ヘンゼルとグレーテル
  23. ねむりひめ
  24. うさぎとかめ
  25. かぐやひめ
  26. 三びきのくま
  27. ブレーメンのおんがくたい
  28. ねずみのよめいり
  29. こぶとりじいさん
  30. しらゆきひめ
  31. いっすんぼうし
  32. たなばたのおはなし
  33. ゆきの女王
  34. かもとりごんべえ
  35. かえるのおうさま
  36. さるかにがっせん
  37. こびとのくつや
  38. せつぶんのおはなし
  39. へっこきよめさま
  40. ふしぎの国のアリス
  41. みにくいあひるの子
  42. オズのまほうつかい
  43. 三まいのおふだ
  44. まんまるパン
  45. フランダースの犬
  46. わらしべちょうじゃ
  47. ハーメルンのふえふき
  48. 小公女
  49. 三ねんねたろう
  50. びじょとやじゅう
  51. おやゆびひめ
  52. ピーター・パン
  53. てんぐのかくれみの
  54. ながぐつをはいたねこ
  55. アラジンとまほうのランプ
  56. あおいとり
  57. ぶんぶくちゃがま
  58. はくちょうのみずうみ
  59. うりこひめとあまのじゃく
  60. ピノッキオのぼうけん
  61. はだかのおうさま
  62. そんごくう
  63. いなばのしろうさぎ
  64. みつばちマーヤのぼうけん
  65. したきりすずめ
  66. アリババと40人のとうぞく
  67. はくちょうのおうじ
  68. ならなしとり
  69. くるみわりにんぎょう
  70. ゆきおんな
  71. マッチうりの少女
  72. 一休さん
  73. あかいくつ
  74. ねずみのすもう
  75. アルプスの少女ハイジ
  76. 金のおのと銀のおの
  77. おうさまの耳はろばの耳
  78. びんぼう神とふくの神
  79. ガリバー旅行記
  80. 三びきのやぎ
力ピバラ

あなたは、どのくらい知ってる?

②ストーリーがあまりアレンジされていない

昔話やおとぎ話が、実は残酷だったり怖い描写もあるというのは、よく知られていますよね。

子ども向けの絵本だと、そういった描写は省かれていたり、アレンジされてストーリーがマイルドになっていたりします。

例えば、『かちかち山』。

悪いたぬきをうさぎが仕返しする有名なお話ですが、子ども向けだとおばあさんは死なずに、たぬきも最後には改心するアレンジが施されていたりします。

しかし、『はじめての世界名作えほん』シリーズでは、おばあさんはたぬきに殴られて死に、たぬきも最後は川に沈んで死んでしまいます。

かなり元の形に近いストーリーと言えるでしょう。

力ピバラ

ちなみに、元のストーリーは、たぬきがおばあさんを殺しておじいさんに食べさせるという、かなりエグイ内容だよ!

原作の形を踏襲しつつ、残虐描写はさらっとかわす、ほどよい塩梅に仕上げているのがとても良いです!

③カタカナ・漢字に総ルビ

『はじめての世界名作えほん』シリーズの特徴は、見開きページの半分が文章、もう半分が挿絵になっているところです。

文章のページはひらがなだけでなく、カタカナ・漢字が出てきます。

カタカナも漢字も、全てにルビが振ってあるので、ひらがなさえ読めればひとり読みが出来ます。

力ピバラ

実際、息子はひとり読みをよくしてるよ!

早いうちから漢字にも触れられるので、小学校の国語を先取りしている気になります。

文章も読みやすく、読み聞かせをしていても耳障りがいいなと感じています。

④1冊350円弱と、手ごろな値段

通常、絵本は1000円くらいするものが多いですが、『世界名作えほん』シリーズは1冊350円弱と、コスパ最強です!

気軽に買える価格設定なので、子どものご褒美代わりにもぴったり♡

我が家は普段、ガチャガチャもお菓子もめったに買うことはないのですが、これならちょっとしたご褒美に買ってあげてもいいな、と思えます。

力ピバラ

実際、めちゃくちゃ喜ぶ♡

⑤親しみやすいアニメ絵で、子どもが惹きつけられる

挿絵がアニメ絵なのに賛否両論あるかもしれませんが、私が子どもの頃はこの絵柄が大好きでした!

力ピバラ

絵本のプリンセスを真似して、自分でも描くくらい好きだった!

アニメ絵って、やっぱり子どもを強く惹きつけるんですよね。

かといって、変にデフォルメもキラキラもしていません。

まんが日本昔ばなしのような絵柄、と言えば、ママ世代にはピンと来るかと思います♪

なぜポプラ社の『世界名作えほん』シリーズを選んだのか?

昔ばなし、1冊にまとまった、こういう絵本もあるんですよね。

しかし、私はあえて1冊1冊が独立した形のものを選びました。

やはり、まとまったものは、話が簡略化されているんですよね。

また、挿絵が少ないから、ストーリーがわかりにくい、という点も気になりました。

力ピバラ

特に、使っている道具も見慣れないものが多いから、挿絵が多い方がイメージつきやすいよね…

きちんと原作に忠実で、ストーリーがあって、イメージがつきやすい挿絵。

なにより、私自身が幼い頃、このシリーズが大好きで何度も何度も読み返していたことが決め手でした!

力ピバラ

「白鳥の王子」は、ボロボロになるまで読み返すくらい好きだった♡

まとめ:日本の昔話や世界の名作で、子どもの感性を育てよう!

昔話は数も多い上に、書き手によってストーリーもさまざまなので、どの絵本を選べばいいか悩みがちですよね。

でも、ポプラ社の『世界名作えほん』シリーズなら、内容はばっちり!

そこまでは必要ないわ…という方も、ぜひお子さんのお気に入りを手元に置いてあげてください。

きっと、お子さんの一生の宝物になりますよ♡