男の子と絵本

お料理男児に育てたい!パパが作る料理絵本

お料理が得意な男の子になって欲しい!
そう考えるママは多いですよね。

身近なお手本といえば、もちろんパパ!
パパが活躍する料理絵本を、ご紹介します♡

力ピバラ

この絵本を読めば、男の子も料理に興味を持つかも?

【3歳】落ち着きのない子にお手伝いさせるなら、料理がいい理由 そう考えているママにおススメしたいのが、子どもに料理の手伝いをしてもらうことです。 今回は、2・3歳児にもできる、簡単な料理...

パパカレー

きょうのカレーは、パパがつくる。
パパカレーの材料は、牛肉・玉ねぎ・じゃがいも・にんじん・しょうが・にんにく・カレールウ。


それから…バナナ⁉

力ピバラ

カレーにバナナって、初めて聞いたよ⁉

『ハンバーグ ハンバーグ』の武田美穂さんによる、パパがつくるカレーの絵本。

フライパンで炒めるシーンとか、本当においしそうで、思わずヨダレが出そうです!

ピーマンにんじんたまねぎトマト!

ゆうちゃんは、やさいがだいきらい!
なかでも嫌いなのは、トマト!

そんなゆうちゃんに、おとうさんは
「ゆうちゃんは、やさいがきらいだなあ」

「そんなことないもん!おとうさんがつくったりょうりなら、やさいだって、いっぱいたべられるよ!」

「ほほう…それではきょうは、おとうさんのやさいりょうりだ!」

力ピバラ

おとうさんの野菜料理?大丈夫かな?

作るのは、野菜たっぷりのスープでした。

絵本の中で、おとうさんが歌うヘンテコな歌と、ヘタウマな絵に、思わずくすっと笑ってしまいます。

ゆうちゃんはトマトが大嫌い。
なのに、おとうさんはある方法で、ゆうちゃんにトマトを食べさせました!

その方法とは…?

力ピバラ

そうだよね。これも、トマトだ!

巻末には、おとうさんが作ったスープのレシピが載っていて、お得感アリ。

力ピバラ

おいしそう♡これ、うちでもやろう♪

おりょうりとうさん

「きょうはおとうさんがおりょうりしよう!そうだ、カレーライスをつくろう!」

はりきるとうさんとは反対に、お鍋も包丁もフライパンも、いやだいやだと逃げ出します。

出来上がったカレーを前に、ママも子どもたちも、いやだいやだ。

おそるおそる、とうさんのカレーを食べてみたら…?

この絵本は、1976年に刊行された、『ばばばあちゃんシリーズ』でおなじみの、さとうわきこさんの絵本です。

力ピバラ

40年以上ものロングセラーなんだ!

『お料理男子』なんて言葉がなかった当時は、男性が料理をするのは、まだ珍しかったに違いありません。

そのせいか、お鍋も包丁も逃げ出しちゃうし、ママも子どもたちも「マズそう…」なんて言っています。

そんなとうさんが、大逆襲するお話です。

力ピバラ

料理はママがするもの!って固定観念を覆した、画期的な絵本だったと思うよ!

今では、たくさんの男子がお料理するようになりましたが、改めて読んでみると新鮮な気持ちになれる絵本です。

パパのお手本で、お料理好きになってもらおう!

料理はママの仕事になりがちですが、たまにはパパに任せて、ゆっくりしたいですよね。

この絵本を参考に、パパと一緒にお料理してみてはいかがでしょう?

きっと、子どもにとってもいい影響を与えるに違いありませんよ♡

力ピバラ

これからは、男の子も料理ができて当たり前!料理に興味を持ってもらいたいなら、パパの手も借りてみよう!

関連記事

偏食に悩んでいるなら、こんな絵本もおススメ!
ちょっぴりダークな、『たべてあげる』絵本のレビューです。

『たべてあげる』子どもの偏食に効果抜群の絵本 子どもの偏食にお悩みはありませんか? 力ピバラ 3歳6か月の今も、偏食には悩まされています 苦手な食材は、細かく刻んだり...