男の子と絵本

『ねえだっこして』竹下文子|お兄ちゃん、お姉ちゃんになった子どもを抱きしめたくなる絵本

二人を出産して、上の子のヤキモチに手を焼いているママに向けた、ちょっと切ない猫の絵本を紹介します。

 

表紙の猫は、少し悲しげな表情をしています。そして、猫の視線の先には、赤ちゃんを抱っこしている、お母さんが。

カピバラ
カピバラ
この猫ちゃん、なんでこんな表情してるの?って、思わず手にとらずにはいられませんでした。

『ねえだっこして』あらすじ

「わたし」さいきん、つまらない。

大好きなお母さんのおひざには、赤ちゃんがいるから。

ちょっと前までそこは、「わたし」の特等席だったのに、今は赤ちゃんに独占されちゃった。

お母さんは、赤ちゃんにかかりきりで、ぜんぜん「わたし」に構ってくれない。

『ちょっとまってね』『あとでね』っ言うんだ。

赤ちゃんなんて、つまらない。自分で食べることもできないし、顔だって洗えない。

「わたし」は出来るよ。だって、お姉さんだもん。

だけど、だけどさ。

ちょっとでいいから。

「わたし」のことも、抱っこして。

カピバラ
カピバラ
主人公の「わたし」は、表紙の猫。猫からお母さんにへの、ちょっぴり切ない気持ちが描かれているんです!

『ねえだっこして』の魅力を3つ解説

『ねえだっこして』が、大人も涙する理由を、3つ挙げます。

  1. 猫の目線ではあるものの、上の子の気持ちを代弁している
  2. 猫の表情の描き分けが素晴らしい
  3. 主人公を「猫」にしたことが秀逸!

カピバラ
カピバラ
ひとつずつ、解説していきます!

猫の目線ではあるものの、上の子の気持ちを代弁しているから

このお話の主人公「わたし」は、猫。

ですが、大好きなお母さんのお膝を取られて、全然かまってくれなくなっちゃった状況は、下に兄弟が生まれたお兄ちゃん、お姉ちゃんの心情に通じるものがあります。

そう。猫の目線ではあるものの、上の子の気持ちを代弁している絵本なんです。

だから、下に兄弟がいる子どもが、この絵本を読むと

「そうなの。ホントは寂しいんだよね」

と、共感する部分が、たくさんあると思います。

でも、この絵本は、本当は下の子がいるママにこそ、読んでもらいたい絵本。

下の子の大変さにばかり気を取られて、上の子の気持ちをないがしろにしてしまったり、寂しさに気づいてあげられなかったり…

そんなことにはっと気づいて、上の子を抱きしめたくなっちゃいます。

カピバラ
カピバラ
子どものため、というより、下の子が生まれる自分自身に向けて、この絵本を購入するママさんも多くいるようです!

猫の表情の描き分けが素晴らしい

表紙の猫の哀愁漂う、せつなげな表情もそうですが、猫の表情やしぐさが、猫なのに人間じみていて、とても魅力的です。

『あかちゃんなんて、つまらない』

と思っている時の、猫のしぐさなんかも、本当に退屈そう。

それから、やっとお母さんに抱っこしてもらった時の、満足気な表情!

心の底から、安心した~と思えるような表情で…。私も思わず、うるっときてしまいました!

カピバラ
カピバラ
多彩なしぐさと、表情をする猫に、猫好きさんもきっとメロメロ♪

 

主人公を『猫』にしたことが秀逸!

この絵本の主人公「わたし」。

「わたし」は、なぜ、猫でなくてはならなかったのでしょうか?

上の子の気持ちを語っているのであれば、主人公は猫ではなく、人間の子どもにした方が、読んでいる人には直接的にメッセージが伝わります。

でも、直接的な表現は、かえって感情に響かない。

そのいい例を、この絵本は示しています。

仮に、主人公が女の子であった場合。

「下の子が生まれて、寂しい思いをしている上の子の心情」というテーマがわかりやすくなります。

しかし、果たしてこれを読む子どもは、主人公にどのくらい『共感』できるでしょうか?

女の子の顔や髪型、服装、それから住まいなどに共通項を感じなければ、『共感』を感じにくくなったりしませんか?

読者が男の子だった場合には、さらに『共感』は得にくくなります。

この絵本の主人公は「猫」だからこそ、実際に下に兄弟がいる子どもに、共感を与えるのだと思います。

ママにしても、同じことが言えますよね。

これが人間の子どもだったら、なんだか説教じみた感じで、敬遠する人もいるでしょう。

猫の目線で婉曲に描かれていることで、多くの人の共感を得ているのに加え、ストーリーにも奥行きが出ているのです。

カピバラ
カピバラ
主人公を猫にしたところに、この絵本のすばらしさがあります!

『ねえだっこして』の絵本データ

  • 作:竹下文子
  • 絵:田中清代
  • 出版社:金の星社
  • 発行日:2004年5月

カピバラ
カピバラ
私には下の子はまだいませんが、もし二人目が出来たら、上の子の甘えたい気持ちを汲み取ってやりたいと思いました