男の子と学び

男の子のためのモンテッソーリ教育

モンテッソーリ教育の本を、子どもが2歳の時に読んで、とても感銘を受けました。

以来、おうちで出来ることだけですが、モンテッソーリの考え方を取り入れています。

今回は、私がモンテッソーリ教育を支持する理由について、お話しします。

カピバラ

男の子に、おススメな教育法なんだよ!

モンテッソーリ教育って?

モンテッソーリ教育とは、医師マリア・モンテッソーリ博士が編み出した教育法です。

カピバラ

将棋の藤井さんが、幼児期に受けていた教育法として有名だね!

世界中でポピュラーな教育法で、日本でもモンテッソーリ教育を取り入れている幼稚園があります。

モンテッソーリ教育の特徴

モンテッソーリ教育で、一番大事な考え方が『敏感期』です。

子どもが、「いつも通っている道」を通りたがり、道順を変えられなくて困った経験はありませんか?

カピバラ

子どもが2歳の時、まさにこれで困った!

実はこれ、子どもが『秩序の敏感期』のただ中にいる証拠なんです。

  • いつもの順序
  • いつもの場所
  • いつもと同じ

これが、『秩序』。
2歳代の子どもが、特に敏感になり、乱れると必死で抵抗します。

力ピバラ

大人が、単なるイヤイヤ期だからって、片付けてしまいがちなものね。

2歳頃は、『秩序』を手掛かりにして、自分を取り巻く環境を理解していきます。
世界における自分の位置を理解するのに、秩序にこだわるんですって。

「子どもが、生きていくために必要な能力を獲得するために、幼少期だけに現れる特別な期間」。
それが、敏感期です。

0~5歳までに

  • 秩序の敏感期…順番や、場所、習慣、所有にこだわる
  • 運動の敏感期…身体や指先を使うことにこだわる
  • 小さいものの敏感期…虫など、小さなものを見たがる
  • 数の敏感期…なんでも数えたがる

など、さまざまな敏感期が、順番に訪れます。

カピバラ

息子は今、小さいものの敏感期。道端のアリをじーっと見続けて、歩きたがりません!

敏感期の特徴
  1. どの子どもにも、同じような時期にやってくる
  2. 敏感になっている事柄は、苦労なく身につく
  3. 敏感期を過ぎて身に着けようとすると、かなりの努力が必要になる
  4. 敏感期は、一定期間を過ぎると消え、二度と現れない

『敏感期』を予習しておけば、イヤイヤ期の見方が変わります。

モンテッソーリ教育の知識があれば、イヤイヤ期の子どもへのイライラが軽減される!

わが家のおうちモンテ

モンテッソーリ教育では、敏感期を利用した子どもの自主性を育む、環境づくりのヒントがたくさんあります。

モンテッソーリの考え方を軸に、我が家なりのアレンジで取り組んだことを紹介します。

力ピバラ

環境を整えれば、子どもが自らやりたがるんだ♪

①子ども用の机と椅子・教具棚の設置。

子どもが集中して取り組めるよう、専用の机と椅子を準備しました。

『コロコロチェア&デスク』購入したら2歳児の遊び方が変わった 幼児用の机と椅子、たくさん出回ってますよね!安いものだと3,000円くらいからあります。 我が家は、息子が2歳になった頃に『...

モンテッソーリ教育では、子どもが主体的に玩具(モンテッソーリでは教具と言います)を選ぶことが大事です。

そこで、子どもが自らしたい遊びを選べるよう、教具棚をニトリのカラーボックスで作りました。

こどもちゃれんじのエデュトイや、はさみ、折り紙など、机上遊びの道具を一式置き、定期的に入れ替えています。

力ピバラ

用意しておいたはさみプリントを、今夢中でやっています。教具棚に置いてて良かった!

はさみデビュー!使わせるタイミングは?息子が2歳8か月になった時、はさみデビューさせました! はさみデビューにあたり、心がけたことや、準備した道具についてまとめます。 はさ...

②子ども専用のチェスト

洋服をしまう、出すが自分で出来るよう、子ども用のチェストを作りました。こちらも、ニトリのカラーボックス。

ボックスにラベルを貼れば、どこになにがあるかわかりやすい!

ひとりで着替えができるように。環境とモチベーションの上げ方 着替えに時間がかかって、毎朝保育園に行くのがギリギリになってしまう… そんな悩みをお持ちではないですか? 2歳11か月の息...

③踏み台の設置

子どもが自分で手が洗えるよう、キッチンや洗面台のそばに踏み台を設置しています。

④カレンダーで予定を伝える

あらかじめ、子どもに予定を伝えるようにしています。

  • 毎日、同じスケジュールで過ごしたい
  • 小さい子どもは、曜日感覚がない

敏感期の子どもは、強い秩序感があります。
だから、出来るだけ毎日同じスケジュールで過ごしたい。
その方が、安心するのです。

でも、毎日同じスケジュールで過ごすのは、難しいですよね。

子どもの突然の「イヤ!」に備えて、普段からカレンダーを活用しつつ、予定について話をしておくと良いです。

カレンダーにシールを貼って見える場所に貼っておけば、すぐに予定を伝えられます。

敏感期の準備

敏感期を予習しておけば、子どもが何歳何か月で、どのような行動をとるのかが予測できます。

来たる敏感期に備えて、環境を整えておきます。

読む敏感期

文字を覚えることが、楽しくてしょうがない!という時期です。

読む敏感期の訪れに気がつくよう、おふろにひらがなポスターを貼っておきました。

すると、ある時期から拾い読みをするようになり、あっという間にひらがなが読めるようになりました。

ひらがなマグネットも手作りしました↓

【100均】3歳から使えるひらがなマグネットを自作 3歳4か月の息子に、モンテッソーリ教育で言うところの、『読む敏感期』が来ました! 力ピバラ 書く敏感期より先に来た! ...

数の敏感期

なんでも数えたがる時期に突入したら、数の敏感期の訪れです。

わが家では、おはじきを用意しておきました。

おはじきを入れる器は、おはじきの色別に、底にシールを貼って準備。

最初は、色別におはじきを分類しだしました。
これも、敏感期のひとつ。「感覚の敏感期」の行動です。

しばらくそのような時期があり、分類遊びがひと段落したら、おはじきの数を数えだしました。

1~10まで数えられるようになったので、「数えたい!」欲が出てきたのでしょうね。

カピバラ

おはじきを数えだしたら、ママも一緒に数えて遊ぼう!男の子は、特に数が大好き♡

敏感期を知っておくと、子育ての予習ができるから、ママは環境を整えて、準備だけしておこう♪

モンテッソーリ教育はママの味方♪

モンテッソーリ教育は、子どもの強い衝動を味方につけて、無理なくその子の能力を引き出し、伸ばす『適時教育』です。

男の子は、特にこだわりが強く、とっても頑固。

落ち着きがない反面、周りの声が聞こえないくらいの集中力を見せることがあります。

そんな男の子に、知識を詰め込む早期教育は、あまり向いていないと感じます。

男の子のこだわりの強さを逆手にとれば、子どもはぐんぐん成長していきます。

大泣きしたり、強く反抗する子ほど、あと伸びすると言います。

自分でやりたい気持ちが、それだけ強いことの現れです。
そういう子は、新しいことにもどんどんチャレンジしていけます。

モンテッソーリ教育を知ることで、子どもの不可解な行動の理由がわかり、気がラクになりました。

力ピバラ

虫を見てて帰らない時でも、「今はそういう時期なんだ」と思えるようになったよ!

関連記事

モンテッソーリ教育は、書籍も多数出ているので、一度手に取ってみることをおススメします!

【厳選】モンテッソーリ教育おススメ本 モンテッソーリ教育のおススメ本は? 子どもが2歳の時にモンテッソーリ教育の本に出会い、感銘を受けました。 多数の書籍が出さ...