発達障害の身辺自立

ひとりで着替えができるように。環境とモチベーションの上げ方

着替えに時間がかかって、毎朝保育園に行くのがギリギリになってしまう…

そんな悩みをお持ちではないですか?

2歳11か月の息子も、モチベーションが上がらず、なかなか着替えが進みません!

カピバラ
カピバラ

  • 着替えに取り組まない
  • ある程度は出来るのに、自分から進んでやらない
  • 着替えに取り掛かっても、集中力がすぐに途切れる

そんな息子の、着替えをスムーズに行うために工夫していることをご紹介します。

カピバラ
カピバラ
ただいま、絶賛実践中です♡

小学校入学前までの目標

小学校入学前までに、息子に身に着けて欲しいと願っている項目は、以下です。

就学前までに身に着けて欲しいこと

  • 自分で洋服を選び、着替えることができる
  • 洋服を所定の場所にしまうことができる
  •  

そう。単に洋服を着るだけじゃなく、洋服の管理も身につけさせたいです。

身辺自立する上で、着替えは大切な要素。

完璧に出来る必要はないけれど、ママが選んだ服を着るんじゃなくて、自分で服を選んで欲しいかな。

また、脱いだ服は脱衣かごへ入れる、洗濯した服は、自分でたたんで所定の場所へ収納することも、とても大切。

折しも、息子は今、洗濯物をたたむことに興味を持ってくれています。

タオルを広げてゆっくりたたみ方を見せると、じーっと見つめた後、「自分も!」と言って、たたみたがっています。

カピバラ
カピバラ
洋服の管理を教える、またとないチャンス!

『着替え』の環境づくり

最近まで、息子の洋服は、息子の手の届かない場所にしまってあり、とても彼ひとりで出来るものではありませんでした。

まずは、息子がひとりでも洋服を手に取ることが出来るよう、収納を見直し!

自分でするのに適した収納

子どもが、自分で洋服を取り出しや、しまうことのできる収納には、条件があります。

  1. 子どもが見やすく、手に取りやすい高さ、場所にあること
  2. 何が入っているのかが一目でわかる

この2点を満たしているもので、今回使用したのは、ニトリのカラーボックスと収納ケースです。

前面にラベリングもして、何が入っているか一目でわかるように…

使用したのはセリアのラベルですが、こんなのだとより大きくて、見やすいですね!

収納方法がわかりやすく、参考になるものも多い、OUR HOMEさんのグッズも、シンプルでわかりやすくていいですね♡

これにより、息子の着替えのモチベーションが上がったように思います。

少なくとも、帰ってきてからジャンパーを脱ぎっぱなしで置く事態は避けられています(笑)

『着替え』に集中できる環境を作る

息子は注意が散漫になりやすいため、着替えに意識を向ける努力が必要です。

人が近くを通ると「自動追尾」状態になり、視線がそちらへ張り付いて手元がお留守になるという有様…。

そこで、着替えを行う時は、TVは消す、おもちゃは隠す、気になる物や人は視界に入れないようにする等の工夫をしています。

息子には、刺激の少ない壁側を向いて立ってもらい、更に名前を呼んだり、肩を叩くなどをして、私に注意を引き付けるようにしています。

カピバラ
カピバラ
そこまでしても、目線がすぐにうろうろとさまよいがちなんだよね…

途切れた集中力を、復活させる方法

洋服を着るという作業には、いくつかの工程がありますが、「下着を着る」「ズボンをあげる」など、次の工程に移る瞬間、集中力がブチっと切れて視線がさまよい出します。

おそらく、集中を支えるエネルギーが少ないのです。

切れた集中を、再びもとに戻すには、「集中せねばならない」と思わせるか、「集中したくなる」。この2本立てで切れたエネルギーをチャージします!

集中せねばならない

視線がさまよい出したら、手をぎゅっと握り、今何をしている最中なのかを思い出させる。

あるいは、目隠しをして視界を遮り、手元のことに視線を向けさせるような関わりです。

カピバラ
カピバラ
指を両目の間に向けて近づけていく「指ミサイル」という方法は、つい出された指を見てしまうので、注意を対象に戻すのに有効です

集中したくなる

子どもが好きなことや、楽しい見通しを話してあげることで、思わず着替えをしたくなるような誘い方ですね。

でも、それが伝わりにくい、うちの息子のような場合だと、ついつい「集中せねばならない」という、刺激をコントロールするやり方を取りがち。

カピバラ
カピバラ
自分で着替えを頑張れるようになるには、意欲で注意集中できるようになれたらいいんだけど

つい最近、保育園で行って、効果のあった方法を教えてもらいました!

保育園では、キャラクターのついたボールペンを見せて、

「ほら、プーさんが見てるから、頑張ってお着がえしてみようね!」

と、声を掛けたら、最後まで自分ひとりでやり遂げられたみたいです!

カピバラ
カピバラ
やればできるじゃん!

何かお気に入りのキャラクターで、モチベーションを上げるのも手だなぁと感じました!

着替えの時間を短縮

短時間で着替えが終えられるように、着替えの量を調節しています。

下着に上着、ズボンに靴下…と、すべての着替えをひとりで完了させるのではなく、靴下ならつま先まで入れてやる。

上着は、洋服を頭にかぶせ、そのあとは自分でやってもらうなど、ある程度まで大人がやってあげて、着替え完了までの道のりを減らしてやっています。

ちょっとズルいですが、大人はイライラせずに済みますし、子どもは最終的には「できた!」という達成感を味わえます。

まずは、小さな成功体験を積んで、自信をつけさせるのもいいと思います。

まとめ

私は着替えなどの、身の回りの始末について、改めて教わった記憶がほとんどありません。

カピバラ
カピバラ
気がついた時には、出来るようになって、自動的に身体が動いていたような気が…

「自然にできた」と思っていたものを、改めて教えるとなると、どうしていいかわからなくないですか?

なんとなく、子どももいつかは自然に身についていくだろう。そう思っていました。

けれど、3歳を目前にして、着替えが一向に上達しないことに、漠然とした焦りを感じ、伝え方や環境の見直しを始めました。

就学前までに、ひとりで着替えが完了できることを目標に、また、息子に「ひとりで出来た!」という自信を与えてあげられるよう、頑張っていきたいと思います!