男の子と学び

2歳児に鉛筆を持たせる。まずは運筆の練習から!

息子が2歳8か月になり、気づけば、指の力がかなりついていました。

クレヨンを持たせても、ふらつかず、ゆっくり線が引けるようになりました。
同時期に使い始めた箸も、なかなか上手です。

カピバラ
カピバラ
これは、そろそろ鉛筆を持たせてもいいかな?

今回は、2歳児に初めて鉛筆を持たせるにあたり、気を付けるべきポイントや、おススメの筆記用具を紹介します!

2歳から鉛筆の練習をする意味

  • 文字を習うのは小学校入学後だから、鉛筆はその時からでいいんじゃない?
  • 幼児のうちは、勉強よりも遊びをさせるべき
カピバラ
カピバラ
就学前に鉛筆を持たせることにも、メリットがあるんです!
就学前に鉛筆を持たせるメリット
  1. 『運筆力が身につく』
  2. 机に向かう習慣がつく
カピバラ
カピバラ
2歳代から慣れておくことで、自然と勉強に移行していける気がしませんか?

『運筆力』が身につく

ひらがなを書かせるよりも、まずは鉛筆で線を引いたり、ぐるぐる書きする、『運筆』をしっかりさせる方が大事です。

クレヨンを持ったばかりの幼児に、ぬりえをさせると、

  • 枠からはみ出る
  • 全部塗れていない
  • 色が薄い
カピバラ
カピバラ
手首や、指先のコントロールが、まだうまく出来ないんだね。

鉛筆も同じで、思い通りの線が引けるようになるには、力の調節方法を知らなければなりません

そして、力の調節方法は教えられて身につくものではなく、感覚によるところも大きいのです。

だから、「書く」経験を積ませて、練習で身に着けていくしかないのです。

カピバラ
カピバラ
鉛筆を自在に操る力を、『運筆力』って言うよ!

『運筆力』が大事な理由

「文字を書く」だけなら、ある程度の年齢になれば、ほとんどの子が出来るようになります。

でも、「速く」「スラスラと」書けるように…となると、どうでしょうか?

  • 黒板に書いた文字を写す
  • 口頭での指示をメモする

など、速く書く技術は、勉強にも仕事にも必要ですが、慣れていないとかなり大変です。

せっかく問題が解けても、書き写すのに時間がかかるとストレスになります。

「うまくかけない」「時間がかかる」→その結果、「勉強するのが嫌」といった、負のループに陥ってしまうのです。

就学後に、勉強に集中できる気力を養うために、運筆力は大事なのです!

机に向かう習慣がつく

運筆の練習をしていると、机に向かう習慣が自然につきます

遊びの延長で、文字を書く練習に移行していけたら、勉強へのハードルも一気に下がります!

乳幼児におススメの机と椅子についての記事はこちら↓

『コロコロチェア&デスク』購入したら2歳児の遊び方が変わった 幼児用の机と椅子、たくさん出回ってますよね!安いものだと3,000円くらいからあります。 我が家は、息子が2歳になった頃に『...

はじめての鉛筆におススメのアイテム

幼児に大人用の鉛筆は適しません。

2歳児に、初めて鉛筆を持たせるにあたり、購入したアイテムはこちら。

くもんのこどもえんぴつの特徴
  • 6Bと濃く、2歳児でもはっきりとした線が引ける
  • 軸が三角形になっている=自然と正しい持ち方になる
  • 12センチと短めで、小さな手でも安定する
カピバラ
カピバラ
正しく持てて、楽しめる工夫がいっぱい!さすがくもん!

くもんのこどもえんぴつは、軸が三角形なので、専用の鉛筆削りが必要でした。
軽い力で、するすると削れていく、ストレスフリーの鉛筆削りです!


より安定して書けるように、『もちかたサポーター』も購入しました。

こどもえんぴつに装着させると、こんな感じ。

息子に握らせてみましたが、ちゃんと3本の指で鉛筆を持てていますよ!

はじめは、画用紙に殴り書き。慣れてきたらワークも!

鉛筆を持たせて、初めは画用紙に殴り書きをさせました。

クレヨンとは違う、画用紙を滑っていくような鉛筆の感覚が面白いのか、息子は楽しそうに殴り書きをしていました!

画用紙の空いている部分に、適当なマークをふたつ、離して書き、

「このマークとこのマーク、線でつないでごらん」

と線でつなげさせます。
これが、ワークに繋がります。

はじめての鉛筆練習に購入したワークがこちら。

全ページフルカラーで、楽しく運筆の練習ができます。

わりとすぐに終わってしまうので、かなりもったいないです。
私は消しゴムで消して、繰り返し使用しています。

まとめ

就学前に鉛筆を使えるようになっておくと、後々の勉強にメリットがたくさんあります。

しかし、早くから鉛筆を持たせることが必ずしも良い、というわけではありません。

鉛筆や文字への興味がないのに、強要するのは逆効果でしかありません。

また、指の力が充分備わっていないうちに鉛筆を与えても、うまく書けず、子どもにストレスとなることもあります。

子どもが書くことに興味を覚え、指の力がついたタイミングを見て、鉛筆を与えるのが効果が高いです

鉛筆がまだ早いと思ううちは、クレヨンで、思い切り描くことの楽しさを知ってもらう方が、先かもしれませんね♪

絵を描くのが苦手?な息子に絵を好きになってもらうには(2歳半) こんにちは、カピバラです。 0歳~1歳代、自宅でお絵描きをあまりしてきませんでした。 そのせいか、クレヨンを与えても、線や...