男の子と遊び

キュボロが届いた!使用感は?3歳児でも楽しめる?徹底レビュー!

カピバラ
カピバラ
クゴリーノに続き、我が家にキュボロが届きました!

昨年3月に予約して、1年弱。ついに我が家にキュボロが届きました!

欲しいと思ったタイミングでは買えないだろう、絶対にキュボロが欲しくなるだろうと予想しての購入でした。

カピバラ
カピバラ
絶対に欲しいと思うのは、息子ではなく、私やパパなんだけどね!

届いてから2週間が経過し、キュボロに思うこと、使用感についてレビューします♡

結論から言うと、キュボロめっちゃ楽しい!購入して後悔なし!

キュボロって?

キュボロは、スイスのキュボロ社が開発した玩具です。
木製の正方形にビー玉が通る溝や、内部にトンネルがある穴が彫られていて、組み合わせることでビー玉が上から下へと転がる道が作れます。

ビー玉を転がして遊ぶ、『玉の道』と呼ばれるおもちゃは数多く出回っていますが、その難易度の高さは群を抜いています。

将棋の藤井さんが、幼少期に遊んでいたことで広く認知されるようになりました。

カピバラ
カピバラ
以前、キュボロとクゴリーノの特徴や違いを書いた記事があります。参考にどうぞ!

キュボロスタンダード

我が家が購入したのは、『キュボロスタンダード』。

『キュボロスタンダード』は、最も一般的で、現在でも入手困難な商品です。

入っているのは、こちらのパーツ。

ただの白木の積み木が、全体の半数近くを占めています。
しかし、この正方形のパーツで高さを出さないと、ビー玉が転がらないので、スタンダードはパーツがバランス良く入ったセットだなと感じます。

ブロック数が少なめの『ベーシス』は、比較的在庫が確保しやすいみたいです。
キュボロの入門編として、こちらもおススメ。

キュボロスタンダードの使用感

大人の私でもめっちゃ難しい…!

子どものおもちゃとは思えません!
3歳の息子になんて、とてもじゃないけど無理だー!!

カピバラ
カピバラ
これを3歳から遊んで、コースを作っていた将棋の藤井さんって、すごすぎない?

見本通りに組み立てるのだって、至難の業です。

全てが立方体で、似た形をしているので、ぱっと見ただけでは、どのパーツを使えばいいのかわからない…

どこに穴が開いていて、どこからビー玉が出てくるのか、すぐには判断できないんですよね。

そこで、まずはパーツの分類から始めました。

カピバラ
カピバラ
分類したらわかりやすくなった!

それでも見本を作り上げるのに、10分かかってしまいました。

パーツを分類するのに10分、見本を完成させるのに10分弱。
初キュボロでは、組立に20分近くの時間がかかったことになります。

カピバラ
カピバラ
かかりすぎじゃない?って疑問はヤメテ…。空間認知能力が低いことは自覚してるよ~

完成したキュボロの面白さは、クゴリーノの比ではありませんでした!

ビー玉が通る道がほとんど見えていて、単純なコースしか作れないクゴリーノは、大人にはやはり物足りないのです。

思いもかけないところから、ビー玉が出てきた!という驚きがあるキュボロは、私たち大人をトリコにしました♡

カピバラ
カピバラ
特にパパの食いつきがすごい!男の人の方が空間認知に優れているからかな?

キュボロの組み立ては、難しいけど慣れてくる

キュボロが届いてすぐの頃は、パーツを理解するのに時間がかかりましたが、毎日触り続けていたら1週間もしないうちに慣れました。

難解なコースはできないけれど、オリジナルのコースも作れるようになります。

カピバラ
カピバラ
クゴリーノを組み合わせてもカワイイコースが出来るよ♡

クゴリーノに比べて、コースが崩れにくい

クゴリーノで遊んでいると、どうしてもビー玉が転がる衝撃でコースが崩れていってしまうのですが、キュボロは崩れにくいです。

立方体で積み上げるから、安定性があるのでしょう。

これは、クゴリーノにはないメリットです。

キュボロスタンダード、3歳児の反応

難易度が高いから、早く与えすぎてキュボロが嫌いになっても困るな、と思い、5歳になるまでは隠しておこうと思っていましたが…

カピバラ
カピバラ
やっぱり、どんな反応をするのか、気になっちゃうよね!

どんなものかと触らせてみたら、案の定、目を輝かせて飛びつきました(笑)

完成した見本でビー玉を転がすと、ビー玉が急に見えなくなり「??」というリアクション。

あえて何も説明することもせず、ただビー玉を繰り返し転がし続けさせました。
息子も、面白がって何度も何度もビー玉を転がします。

そのうちにパーツを手にとり、形をいろんな方向から見て…やっと、どういう構造になっているのか、理解しだした様子。

私が作ったコースを破壊し、オリジナルでコースを作り始めました。

カピバラ
カピバラ
まあ、理解できても、トンネル使うコースを作るのは、まだまだ先だよね~

そんな風に高をくくっていましたが、驚いたことに1週間後には見えない道をつなげるコースを作っていました。

えっ!?天才?

といっても、本当に単純なコースですが。

子どもって、遊び方を教えなくても、感覚的に理解していくものなんだな~と、感心してしまった瞬間でした。

キュボロは、大人も子どもも夢中になれる

子どものおもちゃに、大人が夢中になるのって、難しいですよね。

カピバラ
カピバラ
当たり前だけど、 レベルが低いって思っちゃう…

私みたいに、子どもと遊んだ経験値が少なくて、子どものこともそんなに好きじゃなかった人種にとっては、一緒に遊ぶことに苦痛を感じます。

キュボロは、大人が心の底から夢中になれる、驚異的なおもちゃです!

成長に伴い、長く遊べるところも魅力♡

小学校高学年くらいになって、どんなコースを作り出すのか…。想像するだけでワクワクします♡

カピバラ
カピバラ
その頃にはゲームに夢中かもしれないけど、たまに出して遊んだりしそう♡友達と一緒にやってそう♡

関連記事

高級玩具、キュボロがレンタルできる⁉おススメのおもちゃレンタルサービス『キッズ・ラボラトリー』について記事にしています。

キッズ・ラボラトリー口コミ!好奇心旺盛な男の子に最適なおもちゃレンタルサービス♡ 落ち着きのない男の子を育てている中で、おもちゃについてこんな悩みはありませんか? 部屋の中がおもちゃであふれかえり、全然片付かな...