絵本育児のアイデア

【5歳】絵本の記録

あなたが5歳の時に読んでいた絵本はなんでしたか?

5歳になった息子は、ひらがなもカタカナも、なんならローマ字も読め、小1レベルの簡単な漢字も読めてしまう、過読症(ハイパーレクシア)に成長!

力ピバラ

見事に発達凸凹…!

そんな息子が、4歳後半から5歳にかけて読んでいた絵本を、ご紹介します。

5歳3か月の絵本事情

現在5歳3か月になる息子の絵本事情についてです。

図書館の利用状況や、読み聞かせは、どのような感じなのでしょうか?

力ピバラ

現状について、詳しく紹介するよ!

図書館の利用について

相変わらず、週1ペースで図書館に行き、絵本を借りてくる日々を送っています。

一度に借りるのは、大体10冊程度。

私が住んでいる自治体では、図書カード1枚につき、10冊まで借りられます。

息子と私、それぞれの図書カードを利用すれば、20冊まで借りることも可能なのですが…

力ピバラ

じっくり絵本に向き合って、借りられている間に何回か読んでもらいたいから、欲張らないことにしてるよ!

特に、今年の2月、3月は、保育園が休園になり、図書館に半日いる日もありました。

普段と違って、じっくり絵本に向き合う機会も多く、そんな日はとても満足そうでした。

図書館での絵本選びについて、記事にしています。3・4歳が対象ですが、今も基準は変わっていません!

【3,4歳】図書館での絵本の選び方 図書館は、無料でたくさんの絵本に触れられる、とても便利なツール!子どもに絵本に親しんで欲しいなら、賢く利用していきたいですよね。 ...

読み聞かせ、いつやってるの?

読み聞かせは、保育園から帰ってきてすぐか、寝る前にやっています。

最近は、寝る前にワークをやることが多く、時間が押して、読み聞かせの時間がなくなるので、なるべく帰ってすぐ読めるよう意識しています。

力ピバラ

寝る前に「おんどくやって!」とリクエストもされるから、寝る前の読み聞かせが難しくなっているかな

音読の効果がすごい!『寝るまえ1分おんどく366日』音読で、どんどん頭が良くなるって、知っていましたか? 話題の音読本、『寝るまえ1分おんどく366日』をレビューします!...

1日に何冊読んでいるの?

4歳半をすぎたあたりから、長めの絵本が多くなり、1日に読めるのは大体2冊程度。

月平均60冊~70冊でした。

読めない日というのも、もちろんありますが、ここ3か月ほどの記録を振り返ると、ほぼ毎日読んであげていました。

力ピバラ

これって、割とすごくない?(自画自賛)

読み聞かせの時間が取れるよう、意識はしていますが、努力はしていません。

なぜなら、私自身、絵本を読んであげるのが楽しいからです。

そして、私の読み聞かせが1日大体2冊なのであって、保育園でも絵本を読んでもらう機会が多くあるようです(息子が先生にせがんでいる)

息子自身のひとり読みも数に入れると、結構な時間を絵本とともにある気がします。

【4歳半~5歳】息子が好きな絵本

ここからは、息子が好きな絵本をご紹介します!

力ピバラ

ちょっと長めの絵本を中心に、紹介するよ!

『ふたりはともだち』

アーノルド・ローベルの名作『がまくんとかえるくんシリーズ』からの1冊。

全部で4冊刊行されている、がまくんとかえるくんの物語は、どれも大好きで、食い入るように見ては、大笑い!

トボけたがまくんに、やさしいかえるくんが寄り添う、宝物のような友情が描かれています。

1冊に5つのお話が入っていて、幼年童話の入り口としてもおススメ。

『ふくろうくん』

同じく、アーノルド・ローベルの『ふくろうくん』は、がまくんとかえるくんシリーズよりも、内容が易しめ。

ちょっとおまぬけなふくろうくんの日常が、ほっこりと描かれています。

力ピバラ

ふくろうくんの、頭の足りない感じ(笑)に、大爆笑間違いなし!

『ピーターラビットのおはなし』

ピーターラビットシリーズは、私が自分のために、大人になってから買いそろえました。

カピバラ

自宅には12冊あるよ!

手のひらにおさまる、かわいいサイズの絵本なのに、文章量は結構多めなので、小1の時の私は「うっ…」と気後れしていました。

しかし、息子は全然平気!

『ピーターラビットのおはなし』も、続編の『ベンジャミンバニーのおはなし』も、どれも楽しめているみたいです。

初めてピーターラビットの世界に触れるなら、

  • モペットちゃんのおはなし
  • こわいわるいうさぎのおはなし

この2冊がおススメ!

文字量も少なく、内容も易しいので、3歳くらいから楽しめますよ!

力ピバラ

個人的に好きなキャラクターは、あひるのジマイマ。ふくろうくんに通じる、おマヌケさに笑っちゃう!

ひとまねこざる

Eテレでもおなじみ、『おさるのジョージ』の原作です。

世界一の知りたがり屋のおさる、ジョージが、持ち前の好奇心から、毎回とんでもない事件が起こる、不朽の名作。

実は息子、3歳代は、テレビでジョージが毎回大変なことをしでかすのが不安感を煽るのか、積極的に見たがりませんでした。

しかし、今では大好きです!

毎回トラブルを巻き起こすものの、憎めないジョージ。

ハラハラ・ドキドキの展開に、目が離せなくなりますよ!

『おしいれのぼうけん』

息子が通う保育園では、絵本の貸し出しも行っています。

そこで息子が、何回もリピ―トしているのがこの『おしいれのぼうけん』です!

黒い表紙で、ページをめくっても白黒の鉛筆描きの、地味な絵。

そっけなくて、思わずパタンと本を閉じてしまう人もいるかもしれません。

でも、この『おしいれのぼうけん』。実は、40年以上も愛されている、超ロングセラー。

200万部を突破している、子どもたちに大人気の、マンモス絵本なんです!

この絵本は、全80ページ。もはや幼年童話と言っても過言ではない、大ボリューム。

力ピバラ

こんなに長くても、子どもは集中して読むんだよね!

その秘密は、内容にあり。

保育園を舞台に、先生に叱られて、おしいれに入れられた男の子二人が、ねずみばあさんと繰り広げる冒険譚。

手に汗握る、スリリングな内容と、イマジネーションが絶妙に織り込まれた、とても魅力的なお話で、大人でも引き込まれてしまいます。

物語の、本当の面白さを教えてくれる、入口のような絵本です。

『おしりたんてい』シリーズ

Eテレでもおなじみ、『おしりたんてい』

見た目はおしりでも、紳士。どんな難事件もエレガントに解決!

『おしりたんてい』シリーズは、3歳くらいから楽しめる「絵本」と、6歳くらいから楽しめる「よみもの」があります。

5歳の息子は「よみもの」から入ってますが、暗号に絵探し、迷路と、とても楽しんで読んでいますよ!

力ピバラ

自然と、頭が良くなっちゃいそう♡

学年別『ドラえもん』名作選

息子にとって、初めての漫画は『ドラえもん』

小学館の学習雑誌『小学一年生~六年生』に掲載されていた『ドラえもん』は、学年ごとに内容が描き分けられていました。

その中から、学習のきっかけになる内容をセレクトして、各学年ごとにまとめたのが、こちらのシリーズです!

力ピバラ

各学年で習う漢字で読めるのも、このシリーズのいいところ!

息子は小学2年生向けのドラえもんを選びましたが、ほぼ毎日読んでいるくらい、大好きなマンガになりました!

絵本選びに迷ったら、絵本ナビがおすすめ!

5歳の息子が好きな絵本について、まとめてみました!

幼年童話にも片足を突っ込んできているような感じですね。

図書館から借りてきた絵本は、息子が自分で読んでしまうことも多く、読み聞かせの時間が少なくなってきている自覚はあります。

力ピバラ

ちょっと、さびしい…

まだまだ読み聞かせは大切な時期なので、せめて卒園までは寄り添ってあげたいと思っています!

絵本に迷った時は、絵本の紹介本に頼るのもいい手。

絵本で子育ての悩みも解決しようという、一風変わった絵本紹介本についてレビューしました。

【レビュー】『だいじょうぶ、絵本があります』子育ての困ったを解決する300冊 日々の子育ての中で生じる、悩みや疑問。絵本で解決していきませんか? イヤイヤ期に偏食、こだわり。思い通りにならない子育てで、毎日...

絵本選びなら、絵本ナビ がおススメです!

年齢ごとにぴったりの絵本をセレクトして紹介していますよ♡

1000万人の絵本ためしよみサイト|絵本ナビ

関連記事

本を読むと頭が良くなるの?読書へのネガティブイメージを払拭してくれた本2冊の紹介と、子どもと読書について記事にしています。

読書で子どもの頭が良くなるって本当?読書のネガティブイメージを改善せよ!子どもが読書好きになれば、頭が良くなるって本当でしょうか?子どもと読書について、調べてみました!...

子どもを絵本好きにしたいなら、環境が大事!おススメの絵本ラックについて、記事にしています。

子どもが絵本を好きになる!絵本ラック お子さんを絵本好きに育てたいと考えてているママは、多いですよね。 2歳半になる息子は、絵本が大好き。1日5冊~10冊は読んでいま...