発達障害の身辺自立

療育ってなに?どんな場所?我が家の例

我が子が発達障害かもしれない…と思った時、耳に入ってくるのが「療育」。

でも、なかなか療育と療育施設の実態がわからない、という声も耳にします。

悩めるママ

保育園や幼稚園と、何が違うの?どんなことをするの?

今回は、主に発達障害、またはその疑いのある幼児を対象に、療育と療育施設について、我が家の例を元にご説明します。

療育って?

療育とは、障害のある子どもや、その可能性のある子に対し、個々の発達の状態や、障害特性に合わせて、自立や社会さんを目指し、支援を行っていくことです。

「発達支援」とも呼ばれています。

「障害」と一口で言っても、身体障害・知的障害・発達障害など、さまざまな種類があります。

障害や、特性に応じた、その子だけのオリジナルな支援を行っていることが特徴です。

力ピバラ

だから、療育で行うカリキュラムは、全部オーダーメイドなんだ♪

療育は、健常児に近づけることが目的ではない

発達障害は、「早期発見」「早期療育」が重要であると言われています。

そのため、少しでも発達障害と疑われたら、すぐにでも療育を始めなきゃ!と焦るようです。

しかし、
療育=健常児に近づけることではありません。

療育のありがちな誤解として、普通の保育園や幼稚園に行けない子が通うところで、訓練して、出来ないことを出来るようにする場所、と考える人がいます。

力ピバラ

私も、通い始めた時はそう思ってた!

療育とは、子ども自身が、日常生活を送りやすくするための方法を身に着けるのが目的です。

また、親自身が、子どもとのかかわり方を学ぶ場でもあります。

力ピバラ

発達障害は、先天的な脳の機能障害!治ることはないんだよね

発達障害の子が通う療育施設の種類は?

療育センターと言っても、機能と果たす役割はさまざまです。

大きく分けて「児童発達支援センター」「児童発達支援事業」があります。

児童発達支援センター

施設が有する専門機能を活かし、地域の障害児や、その家族への相談、障害児を預かる施設への援助・助言を行うなど、地域の中核的な療育支援施設

  • 福祉型…福祉サービスを行う施設
  • 医療型…福祉サービスに、併せて治療を行う施設

主に二つの形態があります。

児童発達支援事業

利用障害児や、その家族に対する支援を行う、身近な療育の場です。

通所して療育や、学習支援を受けられます。

  • 児童発達支援(~6歳)
  • 放課後デイ(6歳~18歳)
力ピバラ

我が家は、児童発達支援を利用しているよ!

療育を受けるにはどうしたらいいの?

療育を行っている、児童発達支援や放課後等デイサービスなどは、療育手帳を取得していなくても、「受給者証」があれば利用出来ます。

受給者証とは、福祉サービスを受けるために、各自治体から交付される証明書です。

療育手帳(愛の手帳、みどりの手帳)は障害名や程度を証明するために、都道府県が発行しているものですが、受給者証は福祉や医療のサービスを利用できる証明として、自治体が発行しているものです。

受給者証の詳しい入手方法は、各自治体へお問い合わせください。

力ピバラ

受給者証交付手続きを受けた時の体験談は、近日中に記事にするよ!

息子が通う児童発達支援事業所

児童発達支援事業所は、本当にさまざまです。

事業所によって特徴や方針が異なりますので、実際に見学に行き、お子さんに合う事業所を選ぶことをおススメします。

息子には、10日/月の支給量が与えられています。

支給量とは、福祉サービスを利用できる日数や時間数のことです。月に何日利用できるかは、自治体との話し合いによって決まります。

月10日の支給日数を利用し、我が家では、現在2か所の児童発達支援事業所に通っています。

力ピバラ

療育先でどんなことをやっているのか、我が家が通う2か所の事業所を例にして紹介するよ!

遊びが中心の集団療育タイプ

ひとつ目は、遊びを中心に集団療育を行っている事業所Aです。

事業所Aは、少人数での集団療育で、協調性や社会性を養うことを目的とした療育を行っています。

遊びを豊かにすることで、道具の扱い・手先の巧緻性を高める狙いがあり、玩具がふんだんに用意されています。

力ピバラ

木製レールのパーツがたくさんにあるから、友達とダイナミックな作品が作れるよ!

こちらの事業所は、地域に密着した感じで、とてもアットホーム

職員は、親の不安に寄り添ってくれ、「今どんなことに困ってる?」「最近、保育園ではどんな様子?」と気にかけてくれます。

親子同室なので、親子で一緒に遊びながら、子どもへの関わり方を学べます。

親同士が交流し、情報交換の場にもなる、貴重な場所です。

こちらの事業所で受けたアドバイスで、改善が見られた事例もあります!

【3歳】唾吐き再び!療育先の先生に聞いた対処法 我が家の息子。3歳になったと同時くらいに、再び唾吐きをするようになりました! 療育先でも唾吐きをし、それを見た先生が、対処法...
食事中の立ち歩き!プロに聞いた対処法子どもが食事中の立ち歩いて困っている方に向けて、私が療育先の先生に聞いて効果があった3つのコツについて、ご紹介します♡...

幼児教育メソッドを取り入れた個別療育タイプ

ふたつ目は、幼児教育のメソッドを取り入れた、個別療育タイプの事業所Bです。

事業所Bは、幼児教育大手がやっている発達支援事業です。

教具やフラッシュカードを使用し、数・形・色…などの基礎概念や、記憶力・思考力の強化など、勉強で必要になる力を伸ばすプログラムを組んでいます。

当初、2名での集団療育だったのですが、事業所との話し合いで、個別療育に切り替わりました。

力ピバラ

他の子の影響を受けやすい息子には、勉強系は個別療育が向いているって判断

こうして比較してみると、事業所Aと事業所Bは、正反対の特徴を持っていることがお分かりになると思います。

事業所Aは平日のみで、土日にやっていないことも関係していますが、社会性と教育、双方の力を伸ばせるように選びました。

まとめ

以上、我が家が通う発達支援事業所について、簡単に紹介させて頂きました。

これは、あくまでも我が家の例。
お子さんによって、どんな事業所がいいのか、違ってきます。

もう一度言いますが、療育とは、健常児に近づけることが目的ではありません。

健常児と同じことが出来るようにと考え、療育をすると、深刻な二次障害を招く恐れもあるようです。

発達支援事業所は、本当にたくさんの種類があります。

どんなタイプの事業所がお子さんに合うのかは、見学や体験に参加してみるのが近道です。

力ピバラ

お子さんにぴったりの場所が見つかるといいですね♪

関連記事

療育でよく言われている、ペアレント・トレーニング。入門編には、こちらの書籍がおすすめです!

ペアレント・トレーニング『マンガでわかる魔法のほめ方PT』【レビュー】 子どもの問題行動に困っている発達障害(グレーゾーン含む)の子を、どう導いていいかわからない そんな悩みの解決の糸口となるのが、ペ...