男の子と絵本

『素数ゼミの謎』読書感想文に!ミステリ仕立ての科学読み本!

2021年夏、アメリカで大きな話題を呼んだセミがいます。

『周期ゼミ』と呼ばれるそのセミは、13年あるいは17年ごとに大量発生し、周辺の木はセミで覆われてしまいます。

その数、およそ数十億匹

力ピバラ

数十億匹⁉

いったいなぜ、普通のセミと違って、13年や17年といった周期で、大量発生しているのでしょうか?

『素数ゼミの謎』は、この謎に迫った、ドキュメンタリーであり、ミステリでもある、科学読み物です。

全ページカラーの絵本仕様なので、子どもでも読みやすく、読書感想文におすすめの1冊なんですよ!

『素数ゼミの謎』について、ご紹介します♡

この記事は、こんな人におすすめ
  • 小学校の読書感想文の本を探している
  • 素数ゼミについて知りたい
  • 科学や算数に興味がある
  • 謎やミステリが好き

素数ゼミって?

『素数ゼミ』は、毎世代17年または13年で成虫になり、大量発生するセミのことで、俗に周期ゼミと言われています。

これらのセミは、世界中で北アメリカのみでしか見られないという特徴があります。

周期年数が素数であることから、著者の吉村仁さんは、『素数ゼミ』と名付けました。

力ピバラ

この素数が、後々大きな意味を持ってくるよ!

『素数ゼミの謎』おすすめポイント

セミという、マニアックな題材の本書。

一見すると、昆虫や、科学に興味のある、一部の人しか手に取らなそう、と思うかもしれません。

力ピバラ

それは大きな間違い!一般の人でも、かなり楽しめる内容なの!

それでは、『素数ゼミの謎』のおススメポイントを3点、ご紹介します。

『素数ゼミの謎』おススメポイント
  1. 全ページカラーの絵本仕様
  2. ミステリ仕立てで、謎解きを堪能できる
  3. 自然と数学の不思議な結びつきとロマン

①全ページカラーの絵本

『素数ゼミの謎』は、著者初の一般向けの本です。

イラストがふんだんに使われていて、専門的な言葉がほとんどなく、誰でも読めるような平易な文章で書かれています。

早い子では、小3・4年くらいから読むことが出来るでしょう。

力ピバラ

実際に、小学校での読書感想文で選ばれることも多いみたいだよ!

科学や昆虫になじみのない方でもとっつきやすく、入りやすいので、親子で一緒に楽しめます。

全ページカラーの絵本になっていて、小学校中学年から読める。読書感想文にも最適な、親子で楽しめる1冊。

②ミステリ仕立てで、謎解きを堪能できる

この素数ゼミには、多くの謎があります。
その中でも、本書は

  • なぜ、こんなに長い年月をかけて成虫になるのか
  • なぜ、こんなにいっぺんに、同じ場所で大量発生するのか
  • なぜ、13年と17年という周期なのか

について迫っています。

その謎に対し、

  • 著者がどうして疑問に思ったのか
  • 疑問に対し、どうアプローチしていったのか
  • 仮説の立て方、立てた仮説の立証

が、順を追って書かれているので、まるでミステリー小説で謎解きをしているかのような気持ちにさせられます。

単なる論文、解説書に終わらせず、著者の情熱が伝わる、壮大な進化の物語として楽しめる点も、魅力のひとつです。

謎解きは、まるでミステリ小説。著者が仮説から証明していくプロセスを読むことで、論理的思考が磨かれる!

③自然と数学の不思議な結びつきとロマン

この本の、キーワードである、『素数』。

周期ゼミが、古代から現代まで、滅びることなく生き延びている鍵は、13年と17年という、『素数』という数字だったのです。

14年でも、16年もダメ。

なぜ、13年と17年でなくてはならないのか――?

力ピバラ

最大の謎について、鮮やかな論理が展開されているよ!思わず、「なるほど!」って膝を叩いてしまう!

生物の進化と、数学は、絶妙に結びついている。

まるで神様が仕組んだかのような、巧妙な仕掛けに、ロマンチックな気持ちになりますよ!

算数好きの子も、そうでない子も、この謎の答えが明かされた時、自然と数学の奇跡に、感動するでしょう!

力ピバラ

大自然の奇跡の前では、人間ってちっぽけな存在って思っちゃう

自然と数学が織り成す、奇跡を目の当たりにできる。壮大なロマンに浸れる!

なぜ?と疑問を持つことの大切さ

著者が、素数ゼミの謎に迫ることが出来たのは、普段から生き物に対して「なぜ?」と疑問を持っているからです。

  • なぜ、あんな進化をしているのだろう?
  • なぜ、こんな行動をしているのだろう?

なぜ?」が、科学の一番の醍醐味であって、面白さだと、本書は教えてくれます。

「なぜ?」は、全ての学びの原動力。

勉強の本当の意味を子どもたちに教え、知的好奇心を刺激する、おススメの本です!

素数ゼミに興味を持ったら

同じ著者による、『素数ゼミの秘密に迫る!』で、より深く、素数ゼミについて知ることができます。

『素数ゼミの謎』が、子どもから大人まで、万人受けする内容だったのに対し、こちらは専門用語も多く、明らかな大人向け。

実際の素数ゼミの写真も多いので、虫が苦手な人は「うっ…」となってしまうかもしれません。

力ピバラ

でも、こちらも面白いので、興味があるなら、ぜひ読んで欲しいな♡

小学生がこの本を読むのはキツイので、小学生がひとり読みするなら、この本がおススメ!

言わずと知れた、ファーブル昆虫記!

素数ゼミではありませんが、いろんな昆虫の不思議な生態について、「なぜ?」と追及し、観察した、名作中の名作。

この本は、小学生でもとっつきやすいですよ!

力ピバラ

素数ゼミも、ファーブルも、子どもの知的好奇心をくすぐるから、一度読んでみるべし!

関連記事

算数を、基礎から楽しく学べるなら、算数図鑑がおススメ!算数図鑑について、レビューしました!

触って遊べるしかけつき!算数図鑑幼児のうちから、遊びの中で算数のセンスを養いたいと願う方におすすめしたいのが、算数図鑑。抽象的な概念を理解するのが苦手な発達障害児にもおススメです!...

こどもの好奇心は、図鑑から始まる!図鑑の楽しみ方と、活用法について記事にしました。

【3歳~】図鑑で遊ぼう!楽しみ方と活用方法を紹介男の子は、女の子に比べて、知識を広げ、蓄えることが好きな傾向にあります。そんな男の子に、図鑑は最適なツール!図鑑の種類と選び方、付き合い方について、ご紹介します。...